麻布OBメンバーの方はログインすることで限定記事の閲覧が可能となります。
麻布流儀参加者 現在 349

clubhouseと「タバコ部屋」、そしてコロナ以後。

高橋宏和(H4卒)
date:2021/2/20

「うちの病院からね、あちこちの離島に若手が赴任するでしょ。あちこちの離島を派遣医師用にイントラネットで結んだら、当初予想しなかった使われ方したんです」
10数年前に沖縄の病院で聞いた話。
「最初はね、自分のわからない症例をお互いに相談したりしてもらうためにイントラネット繋いだつもりだったんです。ほら、離島の赴任て基本的にひとりぼっちだから。
でも、イントラを運用してみたら、症例の相談もするんだけど、それよりはるかに多く、互いの孤独や、あるいは離島の医療を担うやりがいや喜び、そうした感情的なことを語り合う場になったんです。
そうやってお互いに励まし合いながらね、若い医者がそれぞれ離島でひとりで頑張ってるんだなって思って」
 
祭りには乗ってけとばかりに、ここ数日clubhouseを覗いてるんだけど、一番に思ったのは冒頭のエピソード。

コロナ禍で今までと同じように直接会って話したり、それこそ飲み会でしゃべったりするのが難しい。でも人間は誰かとしゃべりたい生き物で、そこを埋めるツールなのかなという仮説を立てたのだ。

その心の隙間を埋めるように音声SNS、clubhouseで遊んでいて、ああこれは、「ぼくにとって」タバコ部屋だ、と思った。
 
1999年に医者になったころはまだ、どの病院にも「タバコ部屋」というのがあった。いろんな科のスモーカーの医者が気だるそうにそこで紫煙をくゆらせているのだ。
ふだんは話しかけることも恐れ多いような他の科のベテランドクターも、タバコ部屋では話しかけることが出来た。もちろん、恐る恐るではあるが。
「あのー今こういう患者さんのことで困ってて…」とか「このあいだ、当直でこういう人が来て、こういう処置したんですけど、良かったですかね…」とかおずおずと聞くと、どのベテランもかったるそうに「しょうがねえなあ…そういうときはこうするんだよ」と教えてくれたものだ。なぜか誰もがかったるそうで、やっぱタバコって体に悪いんすかね。
 
「このあいだ外科に紹介したあの患者さん、どうなりましたかね…」と聞くと経過を教えてくれたりして、あれはあれで有意義な場だった。なぜか外科にはスモーカーが多い印象で、ある外科医に聞いたら「ストレス解消には酒かタバコだろ?酒にハマると手が震えるから、外科医はタバコを吸うんだよ」と言っていたが本当だろうか。
時は過ぎ、日本の病院から「タバコ部屋」は無くなった。喫煙の害は広く知られるようになったし、一人前の病院と認められるためには病院の敷地内に喫煙所があってはいけないという決まりがある(本当)。
健康とモラルは手に入れたが、そのために手離したものもあるというだけの話だ。
 
もっと時を遡る。
「オレがあの病院にいた頃はさ、夕方5時過ぎるとみんな医局でビール飲み始めて、麻雀するんだよね、夜中まで。心臓血管外科の先生とか麻雀強くて。夜中まで毎晩麻雀やってるから、救急車で重症患者が運ばれて来たりすると若い先生が血相変えて医局に飛び込んで来て、『センセイ!重症です!手、貸してください!』とか言うわけ。そうするとホロ酔いの猛者たちが、『しょうがねえなあ…』って麻雀やめて救急室に降りてくるわけ」。
昔、ベテラン脳外科医から聞いた話。
 
さすがにぼくが医者になった自分には、医局でビール飲んだり麻雀したりはなかったけど、そういう時代の若手はずいぶん心強かったことだろう。「しょうがねえなあ…」と救急室に現れる各科の猛者たちって、アベンジャーズみがあるよなあ。
 
まあそのころの先生がたってのは家庭生活は捨てていて、子どもの授業参観も行かないし、運動会や家族旅行中に患者の急変で病院に呼ばれるなんて当たり前だった。個人的には今のほうが良いが、そのときと同じような「いつでも病院にいてくれる、何があってもすぐ駆けつけてくれる医者」を求めることはもう出来ない。
 
ぼくが医者になったころはちょうど過渡期で、そのころまでは業務時間内に「各科対抗、新人医師によるソフトボール大会」とかあったし、科によっては「毎年元旦の朝は教授回診があり、医者は全員集合」というのもあった。正月には教授宅にあいさつにいくという風習があったり、餅つき大会やったり、花見やったり。
外科なんかは、新人医師の食事はすべて指導医のおごりで、遊びに行くのもぜんぶ指導医が持つという風習もあって、そのかわり手足となって働けというわけで、こういうのはお笑い芸人の「先輩が全部払う」という文化と相通じますね。今はどうなんだろう。
 
そういう時代が楽しかった人もいるし、息苦しかった人もいる。今は医者も個人主義が強くなってラクになったが、そのぶん研修医は孤独とアイデンティティの確立が難しいことで病んだりしている。まあ人間はいつだって無いものねだりで、誰しもその時代の中でなんとかやっていくしかない。
 
手に持てるものは限られている。何かを手にしたければ、何かを手離さなければならない。
仕事に浸食されない個人生活を手に入れたのだから、そのぶん濃厚な職場の人間関係は手離さざるを得ないという話だ。

いいとこどりはできない。
 
2020年2月、日本国内でもコロナのワクチン接種が開始となった。コロナ禍を埋めるように現れたclubhouseはこれからどう使われていくのだろう。
コロナ禍を乗り越えたあと、ぼくらは何を得、何を手離すのだろうか。

ドリフとツヨシとエナドリと。  コロナ禍1年

高橋宏和(H4卒)
date:2021/1/21

SNSの「1年前の投稿」表示が、新型コロナのパンデミックが世界に影響を及ぼしてから一年が経過したことを告げた。1年前、友人I氏が猛烈な勢いで警鐘を鳴らしていて、中国発のニュースを片端から訳してシェアし、「世界的な感染爆発が起きるかもしれない!」と教えてくれていた。



正直、はじめのうちはぼくを含めた日本(というか世界といっていいだろう)は新型コロナ爆発の恐ろしさに全く気づいていなかった。

「世界にはまだまだ未知の感染症があるんだなあ。中国の人は大変だ」くらいの温度感だった。己の不明を恥じるばかりである。



コロナ感染爆発から1年も経ったというべきか、1年しか経っていないというべきか。本当に、新型コロナが全てを変えてしまった。



2021年1月21日時点で、世界中でのコロナによる死亡者は207万人を超えたという。そのそれぞれに家族がいて友人がいて、どれだけ多くの苦しみがあり、どれだけ多くの涙が流されたことか。

https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-world-map/

経済の大打撃もしんどい。銀座の一等地の商業ビルでさえ、閉店や休業が相次ぐ。



https://ginza6.tokyo/news/76177



先が見えない状況が続く。



新しいウイルスが見つかってたったの一年でワクチンが完成し接種が始まっているのはまさに人類の叡智で、驚嘆すべきスピードだ。一日も早くワクチンを打ちたいと願うばかりだが、早くも反ワクチンの言説が世に現れ始めた。人類の叡智と、救い難さとを今日も同時に目の当たりにする。

コロナ疲れを体の芯に感じながら、それでも今日も日は昇る。

you know,「息の仕方を覚えてるだけで奇跡だぜ」。

TVショウを観ると年末年始も人出は多かったようだし、これだけ「密」を避けようといっているのに成人式を行った自治体もある。「密」ができればコロナ爆増する。結果、普段なら助かるはずの命も失われている。

気疲れと虚しさでちょっとしんどくなって、昔のことを思い出すことも多い。

動画サイトで子どものころ見たドリフターズの歌を漁ったり、自分が中学・高校生だった80年代~90年代の長渕剛の昔のCDなんか取り寄せてみて聴いたりなんかしている。今まで飲むことのなかったエナジードリンクを飲んでみたりもする。どうやら我ながら元気いっぱいというわけではなさそうだ。

全面的に、後ろ向きな気分にとらわれている。だが、生き抜くことが、生き抜くことだけが大事で、あとは些事だ。だから、後ろ向きになってもいいことにしよう。

ピアニストが出てくる映画を観たことがある。映画のラストシーンをいつも思い出す。

映画の最後に主人公はたしかこう言っていた。

「well,well,well,life goes on…」。人生は続く。



コロナ禍にエンドマークは出ず、マスクとソーシャルディスタンスの日常は続いていく。Life goes on.

『カエル先生・高橋宏和ブログ』2021年1月9日、20日を加筆再掲

とある街場の感染対策ーコロナ禍の医療機関

高橋宏和(H4卒)
date:2020/12/16

平成4年卒の高橋宏和です。ふだんは生まれ故郷の千葉県で『中條医院』(船橋市)という内科・神経内科のクリニックを運営しています。

12月13日(日曜)は中條医院で日曜診療を行いました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立っている人、室内

2020年コロナ禍の年の、とある街場の医療機関の日曜日の様子を日記風にお送りします。

【朝7時30分】

本日は日曜診療の当番日なので自分にログインボーナスを。

画像に含まれている可能性があるもの:飲み物、食べ物
うちのクリニックのある船橋市では、医師会所属の医療機関に医師会本部での夜間診療当番とはまた別にこの日曜祭日の当番医のdutyが回ってきます。
ふだんの診療と違い、この日曜診療では発熱や咳、風邪のかたの受診がメインなので少々気が重い…。
夜明けのマックでは夜通し遊んだ酔客が大声で飛沫を飛ばしまくっていますが、それはそれとして、心に炎を燃やして、俺は俺の責務を全うする!





【朝8時30分 診療準備】
 
感染拡大予防しながら診療開始です。
まずは入り口(クリニック外)での手指消毒とサーモグラフィーによる体温・マスク着用チェック。
発熱、咳のひどい方は車でお待ちいただくか別室案内。

画像に含まれている可能性があるもの:電話


【9時 診療開始】
入り口は開けっ放しで常時換気。エアコンをフルパワーでかけながらの換気で、寒いけどしかたない。
換気の重要性はナイチンゲール先生も『看護覚書』で強調してますね。

写真の説明はありません。
車の中など診療所外で待てるように呼び出し機は10台準備。
写真の説明はありません。
【9時30分】

例年だとインフルエンザや溶連菌は簡易検査して確かめるんですが、検査時の飛沫感染を避けるため今季は検査は省略。
問診をスピーディーに行いクリニック内滞在を短くするため問診票を活用。
(医療の本来的にはいいことではないですが)問診項目を根拠に、システマチックかつパターン化された処方になる予定。
 
写真の説明はありません。
問診票用のボードやペンは使いまわさず一週間放置の上、消毒。
紙やプラスチックの上でもウイルスは一定期間生きているはずなので。
今日のためにボードとペンを大量に買い込みました。
写真の説明はありません。
受け取った問診票はクリニック内ではビニール袋に入れて持ち運び。持ち運びは最小に。
ウイルスは接触により広がります。
写真の説明はありません。
診察券や保険証の受け渡しはファイルに入れて行います。
もちろんファイルは使いまわしません。
写真の説明はありません。
自動精算機も導入済み。
紙幣を介しての感染拡大リスクも最小限に。
画像に含まれている可能性があるもの:室内
【10時 発熱者診療】
発熱者用の別室に診察に行ってきます。
もちろんこのフェイスシールドとガウン、マスク、手袋も使い捨てです。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立っている人、室内
【10時30分 処方、お会計】
問診は極力電話で行い、問診項目によって処方箋を作成、あらかじめ会計計算を済ませて診察、処方箋受け渡しと会計を一度に行います(プライバシー保護のため診察券等は裏返して撮影)。
 
患者さんと物理的に接触するのはマスクやガウン装着した医師のみになります。
受け取った紙幣はビニール袋に入れ消毒した上で数日放置してから処理します。仮にコロナウイルスが付着している場合、紙幣の上でも数日はウイルスが生きているはずだからです。
写真の説明はありません。
これを患者さんが来るたびに延々繰り返します。
 
 
【利益相反開示】
自動精算機の導入等は、『医療機関・薬局等における感染拡大等の支援』制度の補助金で一部を補いました。入院施設の無い当クリニックは血税より100万円が補助されています。
自動精算機300万円弱、自動精算機を置くための窓口拡張および室内貼り替え工事70万、サーモフグラフィ30万円弱、自動呼出し機25万円弱なので正直足が出ていますが、本当に助かっています。
納税者の皆様(ぼくも納税してますが)や制度設立・運営にご尽力くださっている関係者の方々に感謝を込めてご報告。
 
厚生労働省「医療機関・薬局等における感染拡大防止等の支援」
 
【17時 日曜診療終了】
12月13日日曜日はそれほど混雑もなく、落ち着いた診療でした。
一昨年は一日に75名ほどの受診があり、9割以上インフルエンザでした。
 
無事に日曜診療終了しました。明日からまた通常診療なので、先週月曜日からの13連勤の折り返し地点です。
 
今回細かくアップしたのは「オレ頑張ってる」アピールしたいわけではなく、感染拡大予防対策の外部評価的なチェック目的とともに、医療者のありのままの内情をお伝えしたかったからです。
 
うちのクリニックは入院や救急の診療もなく、当番日の夕方までという期間限定の初期診療ですが、それでもスタッフみな非常に気疲れしました。
「いま診ている患者さんがコロナかもしれない」という心的ストレス、プレッシャーはなかなかにしんどいものです。
 
先の見えない中、ひっきりなしに運ばれてくる救急患者を診療し、急変に対応している病院の医療者の方々のご負担は想像を絶するものがあります。
いまこの瞬間、今晩も世界中で医療者がコロナとたたかっています。それぞれに家族がいて、未来があります。
 
どうか年末年始、ハメを外さず「三密」を避け、身も心も穏やかにお過ごしください。
医療者をはじめとするエッセンシャルワーカーに、理解とひとかけらの敬意を。
早くこのコロナ禍が収束しますように。病いと闘う患者さんと家族に愛を。
ちょっと早いですが、ハッピー・クリスマス。



公助の話~公助は魔法ではないが魔法使いを生んだ。

高橋宏和(H4卒)
date:2020/11/16

公助の話の続き。

すべての文章はなんらかの意図を持って書かれている。

この話は、「公助なんて甘え。自助こそ至高」という考えの人が、ちょっとだけ考えを変えてくれることを意図して書かれている。そうした自助派の人は少なくないが、そうした人たちが「やっぱり自助は必要だけど、共助・公助もあったほうがいいかもね」というふうに思想的な冒険をしてくれることを狙っている。題して『自助の奇妙な冒険』。すみませんでした。ゴゴゴゴゴゴ。

 

さて、「適切に運用された場合」、公助システムは個人と国家にとって、効率的なものとなる。

前述の人物像をターゲットに、響きそうな比喩を用いる。

 

一個人が自助のみにて犯罪から身を守る状況を想定してみる。

犯罪者がいつ何時、自らに襲いかかってくるかわからないから、格闘技の達人になるまで修行する必要がある。あるいはボディーガードを雇う手もある。24時間365日ボディーガードをつけるなら、相当な出費を覚悟しなければならない。

自宅には高い塀をつけ、近隣にも山ほど監視カメラをつけよう。

万が一、泥棒に入られたら、自分自身で捜査を進め、犯人を見つけ出す。やられたらやりかえさなければならないから、個人経営の私設刑務所も建てよう。

思考実験として、自助だけで犯罪から身を守る状況を考えてみた。とてもではないがやっていられない。

時間的金銭的コストは莫大なものとなり、自助だけではやっていられないからみんなで税金出し合って警察だの検察だのの公助システムを使っている。

 

「外からの敵」、犯罪から身を守るには、自助とともに公助システムがあったほうが効率的であるということを論じた。

さて、「内からの敵」、老いや病いから身を守る場合はどうか。

自助のみで病気から身を守るには、無数の病気について学ばなければならない。自分自身の手で山から薬草をとってきて薬を精製し、内臓に悪いところがあれば自分自身で麻酔をかけ、自分自身で手術する。仁やブラックジャックでもあるまいし、そんなのは無理だ。

自助だけでは到底まかなえないから、医療や福祉などの共助・公助システムがあるわけである。

 

言ってみれば共助・公助システムというのは、生身でか弱い個人を陰ながら守る「スタンド」みたいなものなのだ。「外からの敵」=犯罪や戦争、「内からの敵」=病いや老い、から自助のみで身を守るには、一個人というのは、貧弱貧弱ゥなものなのである。

…ちょっとなに言ってるかわからない。もちろん、公助は魔法ではないから、すべての人をすべての災厄から守ることはできない。



違う話をしてみたい。

あなたの目の前に、一人の女性が座っていると想像してほしい。

名前はジョアン。28歳のシングルマザーだ。パートナーと別れ、住む家もない。

彼女は子どもの頃から空想好きで、いろいろ楽しい話を考えるのが得意だという。今は仕事にあぶれて貧しいけれど、いつか小説を書いて人生を逆転させると言っている。

だから申し訳ないけれど、今月の生活費を69ポンドほど出してくれないだろうか、そうジョアンは言う。

あなたなら、夢見る自称小説家のジョアンに69ポンド出すだろうか。

出すわけがない?同情はするけれど、彼女の貧困は彼女の問題で、売れない小説なんか書いてないで、フィッシュ&チップスでも売って自助でなんとかしろって?

あなたはそう言って彼女を追い払うかもしれない。ジョアンはトボトボと歩いて家に帰り、絶望的な気持ちで原稿用紙を破り捨て、フィッシュ&チップス屋にバイトの面接に行った。彼女が筆を取ることは生涯二度となく、

そして、

人類は『ハリーポッター』の物語を読むことはなかった。永遠に。

 

ジョアンのペンネームはJ・K・ローリング。

実際にはジョアンはイギリスの生活保護をうけて「ハリーポッター」を書き上げ、シリーズは世界中で計4億部(!)売れた。

もちろんJ・K・ローリングは、例外事象だ。

だがイギリスに生活保護などの公助システムが無かったら『ハリーポッター』シリーズは生まれなかった。『ハリーポッター』シリーズの本や映画は人類を豊かにしたし、出版や映画、物品販売にイギリスのイメージアップなどなど、『ハリーポッター』関連で有形無形の財産を築いた人は無数にいる。そう考えるとイギリスは『ハリーポッター』を生んだだけで生活保護予算のモトは取ったんじゃなかろうか。ぼくもUSJにどれだけ貢いだか…。

ま、公助にはそんな面もある、というくらいの話だ。

公助は魔法ではないが、魔法使いを生んだ。

しつこいが、一連の話は、「自助サイコー!共助・公助は無駄無駄無駄ァっっ!」という人を想定して書いている。このため提示する話に偏りがある。

共助・公助というものは、「適切に運用されれば」、個人と国家にとって効率的なものになる。大数の法則が働き、個人が生きていく上での生涯に渡るリスクとコストを平均化できるからだ。

 

人間の一生を考えると、人生のはじめの10数年はどうしても自分で稼ぐインカムより、生存に必要なコストのほうが高い(マコーレカルキンや芦田愛菜なら別だが)。文字通りの「自助」だけでははじめの10数年は生き抜けず、親の庇護という「共助」や、保育や公教育という「公助」に助けられて成長する。

10数歳〜20代で人間は社会参加し働いてインカムを得ることが出来る。そこからの3、40年は一般に、「共助」「公助」の仕組みから得るものより、保険料・年金・税金あるいは子どもたちの教育費などの「共助」「公助」への出費のほうが多い。

だがこの生産年齢時代でも、病気やケガ、事故や破産などの人生リスクはある。

そうして人生を送り、6、70代を迎えると、年金を受け取り介護のお世話になる。この時期は幼少期と同じく「共助」「公助」からの恩恵が大きくなる。

幼少期と引退期のコストを完全に「自助」だけでやるのは困難だ。だから「共助」「公助」があるわけだ。

また、前述の通り病気やケガ、事故や破産といったリスクは確率の問題でいつ我が身に降りかかるかわからない。

 

一個人の人生で病気がいつ起こるかを予測するのは無理だが、個人をたくさん集めて集団化して統計を取ると、集団の中で年に何人くらい病気になるかは分かる。

だから集団から少しずつお金を集めて備えておけば、集団として戦略的に生存できる。これの最大のものが「公助」だ。

 

このように「公助」というものは「適切に運用されれば」大変によいものとなる。

しかしながら世界をぐるっと見回せば、そこには親切重税国家から冷淡軽税国家まで「自助」「共助」「公助」のバランスの取り方は様々だ。

要は、どれくらいの割合の「公助」が適切か、どの分野に重点的に配分すべきかは、まだ絶対的な答えはない。というよりは国や社会、時代によってベストバランスはどんどん変わる、というのが本当のところ。

 

「自助」「共助」「公助」はいずれも必要だ。だがどれくらいのバランスが適切かは、究極的には国民が決める。その意思表示をすることはとてもとても大事なので、とりあえず選挙には行っておきたい。自助であれ共助であれ公助であれ、良い国を作るのは国民なのだ。

 

「国家の価値とは、長い目で見れば、その国を構成している一人ひとりの価値にほかならない」

ージョン・スチュアート・ミル



(カエル先生・高橋宏和ブログ 2019年7月8日を加筆・修正https://www.hirokatz.jp/entry/2019/07/08/133817 )

塾生皆泳~共助、公助

高橋宏和(H4卒)
date:2020/10/16

自助、共助、公助。

社会保障や防災・減災にどれも必要不可欠なもので、その必要不可欠性は勉強に置きかえるとイメージしやすい。

成績を伸ばそうとすれば自習(=自助)は欠かせない。自習だけでは限界があるから友人と教え合い(=共助)したり、学校で先生に教えてもらったり(=公助)したりする。自助だけでもダメ、公助だけでもダメで、自助、共助、公助すべて揃ってはじめて効率的な勉強ができるというものだ。

デンマークに高齢者福祉の見学に行ったときに感動したことがある。

エルドラセイエンという高齢者施設の前でせっかくだからと記念撮影しようと友人とカメラを片手にああだこうだと話していたら、近くで車が停まった。なかから見知らぬ背の高いデンマーク人が降りてきて、僕らにこう言った。

「写真撮るのかい?シャッター押してあげるからそこに並んで」

見知らぬデンマーク人は僕らの写真を撮ると、再び車に乗ってどこかへ走り去った。

この一例をもってデンマーク人は親切と一般化するつもりはない。だが、わが身に置き換えて、自動車運転中にどこかの「ガイジン」が自動撮影しようとしているのを見かけたからといってわざわざ車を停めて写真撮ってあげようと思うかを考えると相当な親切っぷりだと思う。高負担高福祉社会を成立させる背景には高・親切で高・共助な文化風土があるのかもしれない。

つらつら考えていくと、共助、公助というのは逆に厳しいものかもしれないと思い至る。

「塾生皆泳」という言葉がある。

慶應義塾大学の学生=塾生はみんな泳げなければならない、という考えで、実際に慶應大学では90年代前半まで水泳は必修だったそうだ。

なぜ「塾生皆泳」かというと、「溺れている人を助けようとするならば、自らが泳げなければならない。自ら泳げない者が溺れている人を助けようとしても、二人して溺れるだけだ」ということらしい(「中の人」、詳しく教えてください)。

すなわち、共助を本当に成り立たせるならば、それぞれがしっかりと自助できる力をつけよ、ということなのであろう。共助なら、助けてもらうだけではなく助ける場合もあるわけですからね。

 

今まで自助と共助について書いたので、少々荷が重いが、今度は公助について書く。

まず第一に、公助の起源(の一つ)は決して「慈善」だけではないということ。

知っている人には常識だが、世界初の全国民強制加入の社会保険制度は、鉄血宰相ビスマルクによって作られた。目的は、国民が社会主義に走るのを防ぐため。

国家が国民の生存を保証/保障することで、国民が「赤化」するのを防いだのだ(田中滋『社会保障制度はいつ何のために始まったか』生活福祉研究 通巻84号 巻頭言)。

また、日本の厚生労働省のルーツが富国強兵にあることも指摘しておきたい。

旧日本軍が徴兵制度を導入して成人男子を徴兵検査したところ、梅毒感染者が多く、また栄養状態が悪いものもいて、「このままでは強い軍隊が作れず欧米列強に負ける。なんとかせよ」と内務省に掛け合ったのが厚生労働省のルーツの一つである。

公助、社会保障の話になると、脊髄反射的に「左」扱いする人がいる。それでは議論にならないので、あえて上記のような話を出した。

社会保障は、いわゆる「左」の話でもないし、イデオロギー論争の無限ループに突入すべき話でもない。国民と国家が生存していくための、極めてプラグマティックな話だと感じていただければ幸いである。

いわゆる新自由主義者の中には公助や共助の概念をこき下ろし、自助のみで生きていくべきだという極論を述べる者もいる。しかしながら彼ら自身は、大学の終身教授や人材派遣会社の雇われ経営者というポジションを死んでも手離さない。自助のみで生きていくべきだという割には、なにかあったときの身分保障という共助システムから離脱する気はないのだろう(inspired byナシーム・ニコラス・タレブ『ブラック・スワン』ダイヤモンド社)。

時代や社会情勢によってバランスは変わっていくが、自助も共助も公助も全て必要だ、というのがぼくの立場だ。

「年金制度改革はね、数年前にポイント・オブ・ノー・リターン、戻れない地点を越えました」

今から10年ほど前、とある役所の人がぼくらに言った。

「2000年代はじめに、日本の有権者の過半数が50歳以上になったんです。50歳以上の人にとって、現行の年金制度というのは〈我がこと〉です。だからドラスティックに年金制度を変えようとすると猛烈な抵抗が起こる。50歳以上の人からすれば、既得権益を奪われるわけですから。有権者の過半数から猛烈な抵抗が起こった場合、ドラスティックな改革をするのは無理なのです」

その人は、淡々とそう言った。

公助の話をしている。

自助、共助、公助はいずれも必要である、というのがぼくの立場だ。

しかし時代や社会情勢によって、可能な自助・共助・公助のバランスはどんどん変わっていく。

今では皆が当たり前に使っている共助・公助システムである健康保険制度。だが国民皆保険が成立したばかりのころ、ある政治家が病院を受診して健康保険証を使ったところ国民から大批判が起こった。「政治家ともあろう者が健康保険を使うなんてけしからん。政治家なら、健康保険なんかに頼らず、今までどおり全部自費で払え!」、と。

そのころは、健康保険は貧しい人のためのもの、という国民的認識であったのだ。

ちなみに伝説の日本医師会会長、武見太郎氏が銀座でやっていた診療所は全額自費診療だったそうだ。だから保険医総辞退なんてことが言えたわけです。

今と昔の倫理観みたいな浅はかな綺麗事を言うつもりはない。時代が変われば制度も変わる。また制度は一回決まるとなかなか変えられないので、連続的に変化し続ける時代に対応するのは大変で、常に時代遅れになる宿命だという話をしている。

上記を前提に、次回は公助の必要性、有用性を論じてみたい。

公助の必要性にピンとこない人をターゲットに書くので、例示する話に偏りが出るであろうことを前もってお断りしておきたい。

(続く。『カエル先生・高橋宏和ブログ』2019年6月24日・7月6日を加筆修正

「自助・共助・公助、そして絆」に思う(その1)

高橋宏和(H4卒)
date:2020/9/16

菅義偉氏が首相となった。

総裁選の際に菅氏がこんなことを言った。「自助・共助・公助、そして絆」。「自助」と「共助」と「公助」と「絆」の中で政府の仕事って1つだけだよなーとか憎まれ口を叩いたりしながらも、「自助・共助・公助」についてつらつらと書いてみたい。

まずはじめに自助について。誰かを貶すつもりは全くない。また、公的機関によるサポート、公助の必要性はどれだけ強調してもし過ぎることはない。その上で、「おれがやる」と言って立ち上がった人々の話をしたい。

聞いた話。

東日本大震災では本当に多くの方々が亡くなった。

たくさんの家が瓦礫と化し、瓦礫の山を前に、再建の日ははるかに遠く感じられた。

だがある町では、どこよりも早く新しい家が建ちはじめた。保険会社の審査も途中で公的支援も始まらないうちに、自力で家を再建したのは誰か。漁師たちだ。

板子一枚下は地獄。漁師の世界はそう言われる。船底の板一枚割れてしまえば、そこには荒海という地獄しかない。

そんな世界で何千年も生きてきた漁師たちにとって、究極的には信用できるのは自分だけだ。

誰かが助けてくれるまで待ってなんかいられない。「おれがやる」。そう思って、率先して漁師たちは家を建て直したのだろう。

 

震災後、「おれがやる」と立ち上がった人々はもちろん漁師だけではない。

ある人は、地平線まで広がる瓦礫の山を前に、「おれがやる」と立ち上がった。

瓦礫の山を片付けるにはクレーン車が要る。教習所に通って、クレーン車の運転免許を取った。瓦礫を運び出すには大型トラックが必要だ。大型トラックの運転免許も取得した。瓦礫をトラックに載せるにはショベルカーがなければならない。ショベルカーの免許も取った。ブルドーザーも、ロードローラーも、という具合に、気づけば何十もの重機を使って、故郷の再建に奔走するようになったという。

ここにもまた、「おれがやる」と言って立ち上がった人がいた。

 

「おれがやる」。

大震災のニュースを見て、ある医師はただちに立ち上がった。病院所有の車にありったけの薬を載せ、同僚の医師たちを募って、名古屋から東北へと向かった。現地の市役所で「医療支援は間に合っている」と門前払いされかけたという。大混乱で被災の規模やどこにどんな医療支援が必要かという情報が皆無というタイミングで現地に着いたのだ。今までの経験から、医療支援が間に合っているはずがないと直感した彼は、直接避難所に向かい医療支援に取りかかったという。

よくそんな素早く決断して動けたね。自分の職場の病院だって、何人もの医師がボランティアに行っちゃったら、正直日常診療も回らなくならない?後年、彼に聞いてみた。

「うちは親父も外科医でさ、神戸の震災の時にも親父が率先して駆けつけてた。そういうの、ずっと見て育ってるからな。

それに、ほかの地域の災害支援の経験というのは、万が一、自分たちの地域が被災した時に必ず役立つだろ。どう動けばいいか、身にしみてるわけだからさ。そう病院職員は説得してるよ。

まあさ、おれも医者だしさ、おれがやる、ってなっちゃうんだよね」

彼はこともなげにそう言った。

 

「おれがやる」、そう言い出せない人を責めたいという話ではない。

公助の必要性も、絶対だ。

それはそれとして、いざというときに、「おれがやる」と立ち上がれるかどうか、ぼくはいつも自問自答している。

(続く)



(『カエル先生・高橋宏和ブログ』2019年6月14日https://www.hirokatz.jp/entry/2019/06/14/080737 を加筆再掲)

『人生の幸福度は47~48歳が最低』とのこと~47歳に思う(その2)

高橋宏和(H4卒)
date:2020/8/15

 

人生には3つの坂がある。

上り坂。下り坂。まさか。

47歳になったことをとある後輩に言ったら、「じゃあ『下り坂47』ですね」と言われた。まさか自分が47歳になった途端に『下り坂47』に選抜されるとは思ってもみなかった。

デビュー曲は『新型インフルエンザー』(宮下あきら作詞作曲)、カップリングは『frying nugget』(愛称「フナゲ」。KFCとのタイアップ曲です)。センター目指して頑張ります!


さてと。

中学高校からはるかに月日が経ち、47歳で思うものといえばこんなこと。すなわち、我々が後世に遺せるものは何か。

内村鑑三はかつて、このテーマに対してまず第一に「金」を挙げた(『後世への最大遺物』)。

巨万の富を後世に遺せば、世界一の孤児院を建てることができる、たくさんの人に教育の機会を与えることができる。


内村は言った。

〈(略)われわれの今日の実際問題は社会問題であろうと、教会問題であろうと、青年問題であろうと、教育問題であろうとも、それを煎じつめてみれば、やはり金銭問題です。ここにいたって誰が金が不要だなぞというものがありますか。ドウゾ、キリスト信者のなかに金持が起こってもらいたいです、実業家が起こってもらいたいです。〉(『後世への最大遺物』岩波文庫p.21)

 

しかし。

しかしですよ諸君。

内村は続ける。

金を作る溜める遺すというのはやはり一種の才能、geniusであって、誰にでもできるわけではない。残念ながら私(内村)にはその才は無い。

ではどうするか。

後世に金を遺すことができなければ、金よりも良いものを遺そう。

それは、金を使うこと、すなわち「事業」。「事業」を遺すのがもっと良いのではないか。そう内村は話したのだ。

 

例えば土木事業。

ある人が運河を遺せば、後世の人は永きに渡って移動しものを運ぶことが出来る。

橋を遺せば人が渡れる。トンネルを遺せばたくさんの人が行き来できる。

土木事業に限らず、金を遺せないならば、事業を遺せばよい。

後世に事業を遺す。〈(略)「わが愛する友よ、われわれが死ぬときは、われわれが生まれたときより世の中を少しなりともよくして往こうではないか」(略)〉(天文学者ハーシェルの言葉。前掲書p.18)

この話、まだまだ続きます。下り坂ってのは意外に長いのです。



内村鑑三の話に戻ります。

内村鑑三は、明治27年に箱根のキリスト教徒第六夏期学校において若きキリスト者たちに講話を行なった。題して、『後世への最大遺物』。

われわれはみな、いつの日かこの世を去る。そのときに、この地上に何を遺して逝けるだろうか。それがこの講話のテーマです。

後世へ遺していけるもの、まず第一に「金」。

いきなり「金」といわれた若者たちはさぞギョッとしたと思うが内村の真意はこうです。正しく稼いだ金を遺せば、たくさんの人が救える。何しろこの地上の問題の根っこの多くは、つきつめれば金銭問題なのだから。

しかし誰もが「金」を遺せるわけではない。

正しく「金」を遺すにはやはり、才覚がいるのだ。

「金」を遺すことができる人が限られる以上、もっとよいのは「事業」を遺すことだ、と内村は続けます。

 

事業を遺せば、やはりこれは後世の人の役に立つ。

しかしまた、誰もが事業を遺せるわけでもない。事業を遺すにも、やはり天が与えたもうた才が要る。

私(内村)自身も、「事業」を遺せないかもしれない。

だが、それでもまだ、人には遺せるものがある。「思想」である。

〈もしこの世の中において私が私の考えを実行することができなければ、私はこれを実行する精神を筆と墨とをもって紙の上に遺すことができる。〉(前掲書p.35-36)

著述と教育により、自らの「思想」を後世に遺し、〈少しなりともこの世の中を善くして往きたい(略)〉(前掲書 p.18)という思いを果たすことができる、と内村は語った。

思想を後世に遺す一形態が文学であり、〈文学はわれわれがこの世界に戦争するときの道具である。今日戦争することはできないから未来において戦争しようというのが文学であります。〉(前掲書p.41)とまで言い切ります。ここでいう「戦争」は敵をせん滅するとかではなく、よいことばかりではない世を渡っていくための、そしてこの地上を良きものにするための「戦い」というふうにとるべきでしょう。


後世に遺せるものは何か。金か事業か思想なのか。

しかしやはり誰もが金を遺せるわけでもなく事業を遺せるわけでもなく思想を遺せるわけでもない。何を遺すことも出来ない者は価値がないのだろうか、と思うかもしれない。しかし全くもってそれは間違いである。

金より事業より思想よりはるかに大事で、それでいて誰しもが遺すことが出来るものがまだ存在するのであります、と内村は説く。それこそがまさに『後世の最大遺物』。

その最大遺物とは諸君、と内村は続けるのであります。



金を遺すも良し事業を遺すも良し、思想や文学を後世に遺すのもなお良し。

しかし諸君、誰にでも遺すことが出来てさらに後世に害なく益ばかりある最大遺物がある。それはなにかといえば、〈勇ましい高尚なる生涯〉である、と内村は説いた。

 

生きていればさまざまなハードルがある。

生まれついた境遇や巡り合わせ、置かれた環境に降ってくる災難。家族や隣人たちに時に足を引っ張っられ、信頼していた人に裏切られ、仕事では次から次へと厄介ごとが押し寄せる。

まことにもって、生きていればありとあらゆる災厄がこの身に降り注いでくる。

だがしかし、にもかかわらず、われわれは〈勇ましい高尚なる生涯〉を送ることができ、その姿を後世に遺すことが出来るのだ。

二宮尊徳を見たまえ、彼は窮乏の中から自らの意志で学び人を助けたではないか。その生涯を見て、後世のわれわれは勇気づけられるのだ、と内村は言った。

 

我々が〈勇ましい高尚なる生涯〉を後世に遺せばどうなるか。それを見た後世の人々に伝わるものは何か。

〈勇ましい高尚なる生涯〉を遺すということはなんなのか。

〈すなわちこの世の中はこれはけっして悪魔が支配する世の中にあらずして、神が支配する世の中であるということを信ずることである。失望の世の中にあらずして、希望の世の中であることを信ずることである。この世の中は悲嘆の世の中でなくして、歓喜の世の中であるという考えをわれわれの生涯に実行して、その生涯を世の中への贈物としてこの世を去るということであります。〉(前掲書p.54)

そしてそのためには、境遇や環境やハンデが大きいのは嘆くことではない。大変な境遇であればあるほど、「dennoch,にもかかわらず」、〈勇ましい高尚なる生涯〉を送ることは偉業になるのだから。

そんなことを、内村鑑三は言った。

 

47歳、人生の幸福度が最も低いといわれる40代後半のミドルエイジクライシスまっただ中のぼくにとって、今の指針はこの『後世への最大遺物』である。

勇ましく高尚なる生涯なるものを送れるかどうかはわからないが、いろいろあるけど「dennoch,にもかかわらず」、小さな音で口笛でも吹きながら、せいぜい喜びにあふれた楽しく誇り高い生涯くらいは後世に遺していきたいものである。



(『カエル先生・高橋宏和ブログ』2020年7月6日、7月8日を加筆修正)

『人生の幸福度は47~48歳が最低』とのこと。-47歳に思う(その1)

高橋宏和(H4卒)
date:2020/7/16

2020年1月21日配信のFNNプライムオンラインの記事によれば、人生で最も幸福度が低いのは47歳くらいなんだといいます。

https://www.fnn.jp/articles/-/22769?fbclid=IwAR0zC1kaN3qEf7bFJlJiJosHp-xDWN01CRocL5Sc9RjHLaAhdo6jfXKAjrg

アメリカ・ダートマス大学の教授の研究だとか。

 (fujiwaraさんによる写真ACからの写真)

私ごとですが、平成4年に高校を卒業しまして先日47歳になった身としてはまさに他人事ではありません。

感覚的には高校卒業してから10年くらいしか経ってない気がするんですが、47歳にもなると思うところもいろいろありまして、人生の中締め的に総括も兼ね思うところを。10代の日々が二度ないように、40代後半の日々も二度とないわけですから、しっかりと味わわないとね。というわけで、ギミック無しオチ無し、egotism(オレがオレがという語り口)多めです。

 

まあなんと言いますか、40代後半はいろいろとキますね。伊丹十三がかつてこんなことを書いてました。

〈夏の盛りには、時間はほとんど停止してしまう。たぶん一年の真中まで漕ぎ出してしまって、もう行くことも帰ることもできないのだろう、とわたくしは思っていた。あとで発見したのであるが、人生にも夏のような時期があるものです。〉(『ヨーロッパ退屈日記』新潮文庫p.274)

職業人としても家庭人としても、〈真中まで漕ぎ出してしまって〉行くにも帰るにもまだまだ漕いでいかなければならないような、ニッチもサッチもいかないようなそんな感じが40代後半なのかもしれません。

そんなことを書きながらも、淡々と日々を送る生活スキルはさすがに身についていますのでご心配なく、ではありますが。


なんというか、元気は元気なんですよ。

ミドルエイジクライシスなんて言葉がありますが、いざ自分がその年代まっただなかになると思うのが、「はてさて、これからどうやって人生を送っていったものだろうか」ということです。

そんなときに助けになるのはやはり先人の言葉です。

内村鑑三が明治27年に若きキリスト者たちにこんな問いかけをしています。


いつの日か我々は、魂の学校たるこの世界を去らなければならない。その時に、我々は、この地上に何も遺していかなくてよいのだろうか、遺していくとしたら、何を遺していけるのだろうか、と(『後世への最大遺物』岩波文庫)。

 

自分語りは控え目にするほうなんですが、40代後半の思いをつらつら書いております。

年若き友人の方々は「ふーん40代後半ってのはそんな心境かいな」、同世代の方々は「あるある」「オレは違うぜ」、諸先輩方におかれましては「まだまだ甘いな、人生の底はもっと深いぜ」などと思っていただければ幸いです。まだ深いのか、底。

 

さて40代、特に後半になって去来するのは、「これからの人生、どうするかなー」という思いです。

人生100年時代、まだまだ先は長い。

かといって、これからアイドルになれるわけでもなく、現実的には選択肢に範囲はある。

まったく新しいことにチャレンジしてもいいが、それこそ現実的には新しい選択肢に賭け金全てベットするわけにもいかない。

まだまだ悩む必要性も、悩むことの出来る可能性もあるのが40代でございます。

 

ぼく自身は(egotism開放)、40代手前までいわゆる「人生読本」を封印してきまして、というのは影響受けすぎるのがイヤだったからです。

40代が見えて初めて、ああした「人生こうすべし」的な本に手を出しました。車輪の再発明がごとく、手本見本になるものはなんでも頼れという心持ちになったからです。

「これからの人生どう送ろう」という課題に対し、今いちばん影響を受けているのは内村鑑三『後世への最大遺物』です。

 

明治27年、箱根にて、内村鑑三は若きキリスト者たちにこう問いかけました。

魂の学校たるこの地上に生まれ出て、我々は何を後世に遺してあの世に行けるだろうか、と。

 

内村鑑三が言った、後世に遺していけるものでまずいちばん良いのは、実は「お金」。

内村鑑三は言っています。

諸君、フィラデルフィアに行ってごらん。そこには立派な孤児院がある。そこには七百人もの孤児がいる。下手したら千人以上おるかもしらん。

これは、フランスのジラードという商人が、〈「妻はなし、子供はなし、私には何にも目的はない。けれども、どうか世界第一の孤児院を建ってやりたい」〉(前掲書 岩波文庫p.22。「建ってやりたい」は原文のママ)と願って、ひたすら働いて一生涯貯めたお金で建てたものだ。

このように、正しいやり方で稼いだ貯めたお金を後世に遺していくのが一番いい、と内村鑑三は明治27年の日本で言っているのです。

もちろんこれは「ツカミ」「前フリ」でまだまだ話は続くのですが、それはともかく、後世に遺す良きものの第一が「お金」って若きキリスト者に平気で言っちゃうとかってあげぽよでカンゾーまじうけるんですけど(すみませんでした。続きます)。

(『カエル先生・高橋宏和ブログ』2020年7月3日を加筆再掲。