麻布OBメンバーの方はログインすることで限定記事の閲覧やコミュニティ機能をご利用いただけます
麻布流儀参加者 現在 212

2001年卒、写真家の新納翔さんが写真集を発売!

麻布流儀編集部
date:2017/10/3

2001年卒の写真家の新納翔さんが、今までの集大成の写真集として「PEELING CITY」をふげん社より9月26日(火)発売。



これまで山谷、築地と、個別的なテーマで消えゆく都市の風景を撮り続け国内外で発表をしてきた、写真家新納翔。

本書は、より広い視野をもって都市の経験のあり方を提示した、10年間の集大成となる写真集である。

新納 翔写真集 PEELING CITY

 

価格:5,500円(税別)

縦249mm×横255mm×幅17mm|138頁|

上製本|クロス装

 

テキスト:飯沢 耕太郎(写真評論家)

帯文:中沢 新一(文化人類学者)

デザイン:伊野 耕一(INO DESIGN)


印刷:渡辺美術印刷株式会社

AGFA社製 ケミカルレスCTPプレートAZURAによる

Sublima240線 高精細印刷

 

ISBN:978-4-908955-02-0

9月26日(火)発売

 

 

また、この写真集の発売を記念して、ふげん社ギャラリーにて9月26日(火)より10月7日(土)まで刊行記念写真展『PEELING CITY —都市を剥ぐ—』を開催中。

10月6日(金)には写真評論家の飯沢耕太郎さんをゲストにお招きしたギャラリートークも開催。興味のある方はぜひチェックしてください。



ふげん社の記事より引用させていただいております、詳しくはこちら

 

少し、写真家の新納翔さんについて紹介!

麻布のOBにはご存じの通り、政治家・官僚をはじめ、経済界での著名人を多数輩出しています。

また俳優や作家、音楽家など文化人も多数輩出していて、新納さんも注目の写真家です!

ちなみに「にいろ」と読まれるそうです!

2001年卒の写真家の新納翔さんは、2002年に入学した早稲田大学理工学部応用物理学科を2006年に中退。

その間単位は1つしか取っていない、とのこと(@@)!

そんな新納さんが何を思い、どうして写真家になったのか。

深〜くインタビューしたいところでしたが、今回ニュースとしての取材でしたので、徹底インタビューとまではいかなかったのですが、取材時に撮影した動画を特別公開しておきます!



ちょっと尻切れな感じでお話は終わってしまうのですが、また次回の機会に登場していただきたいと思っています!



新納翔ホームページ

http://nerorism.rojo.jp

フェイスブックページ

https://m.facebook.com/NiiroShoPhotography/



*今後、インタビュー動画などの公開はメンバー限定の公開になる予定です。ぜひこの機会に麻布のOBの皆様はメンバー登録をご検討ください。

メンバー申請フォームを開く