麻布OBメンバーの方はログインすることで限定記事の閲覧やコミュニティ機能をご利用いただけます
麻布流儀参加者 現在 262

アジア選手権で2010年卒尾崎さんが金メダル獲得!

麻布流儀編集部
麻布流儀編集部
date:2019/1/7

麻布流儀です!以前ご紹介したオリエンテーリングの尾崎選手が、2018年12月下旬に行われたアジア選手権でなんと金メダルを獲得されたとのことで、近況報告をいただきました!



以前の記事はこちら

 


尾崎 香港で開催されたアジア選手権に出場してきました。

結果は、スプリントディスタンス1位、ミドルディスタンス3位、リレー2位でした。

今年はスプリントディスタンスで個人アジア選手権タイトルをとることができました。日本で結果が出せない時期が続いていましたが、今年を締めくくる国際レースで結果が出せたのはうれしいです。特に国際大会での個人タイトルは初めてだったので、今回の結果を糧に次の国際レースに臨んでいきます。

今回のレースは、目の前のレースに集中する意識で臨みました。特に、秋から目指していた新しいオリエンテーリングの形が実現できればと思ってレースを走りました。今回は、その形がある程度実現できたと感じております。

来年は、世界選手権、中国で開催されるワールドカップと魅力的な大会がたくさんあります。今回の結果は満足いくものでしたが、プロセスが十分に伴ったものではなかったなと思っています。

来年は、アジアだけでなく、ヨーロッパの選手の中で結果が出せる選手になるように、もっと競技に集中できる環境を作り、トレーニングを積んでいきます。

またいい報告ができるよう今年も競技に打ち込んでいきます。



尾崎さんをみんなで引き続き応援しましょう!尾崎さんを交えたイベントなども検討したいと思います!




2018年、麻布流儀より年末のご挨拶

麻布流儀編集部
麻布流儀編集部
date:2018/12/28

麻布流儀です。

2018年、年末のご挨拶です。

年末最後に皆様に伝えておきたいことを少し書かせていただきます。

1.麻布流儀<無料サイト>への登録簡略化を検討

→Facebook「麻布流儀グループ」に参加済みの方からのサイト登録は1月のどこかのタイミングで簡易化させていただき、「名前」「卒業年」「麻布流儀グループに参加済にチェック」という3つのみで登録申請できるようにしたいと思います。

2.2019年、イベント拡充予定です。

→大小様々なイベントを通じてOBの交流に一役を買いたいと思います。持ち込み企画も募集します!単なる飲み会なども!「麻布流儀グループ」での交流や、リアルにイベントなどで交流してまいりましょう。2019年にさらに盛り上がっていきたいと思います。

3.協力者募集!

→webサイトやイベントを手伝っていただける援軍を募集します!プログラマーなど内部にできる者がいないのでぜひ誰か助けてください(^^;)

また様々な学年のOBを紹介したいと思います。この人を取材して!うちの学年のこいつすごいよ!など情報をお待ちしています!

そしてお金持ちのOBのみなさま、無料サイトのため資金難です。ぜひ賛助など受け付けますのでよろしくお願いします!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後に長々とご挨拶です。(上の内容とかぶりますので以下は時間のある方だけ読んでいただけたらm(_ _)m)

スタートして約1年強、2018年は手探りで色々やらせていただきました。

継続性を考慮し当初は会費制にしようと思いましたが、一転会費とりやめ、とにかくそれよりも交流が大事と考えてやってまいりました。

もちろん、色々赤字です(笑)

麻布OBの交流はまだ始まったばかり。

2019年は様々なイベントをはじめ、様々な学年のOBを紹介し、少しでもOBの交流に一役を買いたいと思っております。

麻布流儀はあくまでも「場」の提供です。

集ったOBたちが交流し、何か新しいものが生まれていくことに期待していますし、ワクワクしています。

麻布OBに協調性や群れるという感覚がないのもわかっています(笑)。

ただ賛同いただけるみなさまは麻布流儀は無料でやっておりますので、ぜひ登録してみてください。

登録が面倒、というお話もよく聞きます(汗)。

当初はSNS機能を持たせるため厳格にやっておりましたが、SNS機能はFacebookにしましたので、引き続き麻布流儀グループページでの登録を厳格にさせていただき、そこに集った方の登録は簡単にできるようになどしていきたいと思います。

2019年度はイベントも拡充しますし、その他面白いことも考えていこうと思っています。単なる飲み会なんかもやっていくかもです(笑)

ただ、これ全部みなさんも巻き込ませてください!

2018年は二度ほどの小規模イベントを通じ、本当に少しずつですが交流は広がっています。

ぜひ、俺も手伝うよ!など援軍も欲しいです!また、あれを取材すべきだよ!なんていうご意見もお待ちしています。

また、お金持ちのOBのみなさま、賛助も受け付けますので宜しくお願いします!m(_ _)m

ということで、何の話かぐちゃぐちゃになりましたが、2018年麻布OBで絡んでいただきましたみなさま、ありがとうございました。

オリンピックを目指す平成14年卒川田貴章さんより近況報告

麻布流儀編集部
麻布流儀編集部
date:2018/12/27

麻布流儀編集部です。



2018年も残りわずかとなりましたが、以前、下記でも取り上げましたが、東京オリンピックでメダル獲得を目指す川田貴章さん(平成14年卒)より近況報告をいただきました。

https://azabu.style/interview/1303

川田 現在「レース」の練習をするために、競い合う相手を求めて、活動を海外で行ってます。

11,12月はスペインとポルトガル、1月からはギリシャで、外国人チームと一緒に練習です。




日本人ライバルは、すでにうちを含めて2チームの争いに絞られてきています。

相手チームに必ず勝てるように、セーリングの全ての領域について、わずかずつでも上回る実力をつけるべく、弱点潰しをしています。

2019年5月のイギリス、ヨーロッパ選手権と、11月のニュージーランド、世界選手権の成績の合計で、オリンピック代表が決まります。

麻布OBのみなさん、ぜひ応援よろしくお願いします。



みんなで川田貴章さんを応援していきましょう!

麻布OBは麻布流儀に無料で会員になれます。会員になると今年2月に公開した川田さんと橋本社長の対談記事の後編も読めるようになりますので、ぜひ!

会員登録

https://azabu.style/provisional_registration

後編

https://azabu.style/interview/1357

 

第2回麻布医会開催レポ

麻布流儀編集部
麻布流儀編集部
date:2018/11/26

11月25日麻布学園地下食堂にて第2回麻布医会が開催され、麻布学園出身の医師・歯科医師・医学生など60名が参加しました。(情報・写真は幹事の平成14年卒の井上祥さんよりいただきました)



平秀明校長より開会のご挨拶をいただきました。



1970年卒の平原史樹先生に乾杯のご挨拶をいただきました。平原史樹先生は横浜市大産婦人科主任教授、横浜市大病院院長を歴任し、現在横浜医療センター病院長でもおられます。


そして今回の基調講演は、昭和48年卒の新井一先生に「医学教育について」お話いただきました。新井先生は順天堂大学学長で、日本脳神経外科学会理事長であられます。






若手幹事として、左から竹下諒先生(慶應義塾大学医学部卒)、尾崎壮君(横浜市大5年生)、森藤彬人先生(京都大学医学部卒)が新任されました。






当日参加していた麻布流儀の立ち上げメンバーであり、医療法人 医仁会 さくら病院 病院長の平成5年卒小林豊さんにコメントをもらいました。

小林「うちらの親の年代からいつの間にか20年以上後輩の医学部の学生まで大勢集まって盛況でした。初めてお会いした方と話していくと、色々なところで繋がっており、この世界の狭さ、もしくは麻布の世界の広さを痛感しました。医者の世界でも大学を超えた連携や協働ができる、その可能性に期待と感謝を強く感じました」



まだ2回ということで、麻布出身の医師の交流は始まったばかりですが、麻布流儀でもその活動を今後もレポートして応援していきたいと考えています。以上、第2回麻布医会の簡単なレポートでした。



最後に集合写真を掲載しておきます。



現代ビジネスに麻布ネタ発見!

麻布流儀編集部
麻布流儀編集部
date:2018/11/7

麻布、開成…難関中学の入試問題が教えてくれる「学力」の本当の意味

と題した記事を発見しましたのでコピペしておきます!

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58230

2016年麻布卒で東大現役生、ロボコンで活躍中

麻布流儀編集部
麻布流儀編集部
date:2018/11/5

今年のNHK学生ロボコンで優勝した東大のロボコンサークル「RoboTech」。世界大会の出場権を得て結果ベスト4と活躍したのですが、その立役者の河村洋一郎さんは麻布2016年の卒業生。インタビューしてまいりました。

河村洋一郎

1996年東京生まれ。麻布では物理部無線班に所属。高2で1年留学し、1つ下の学年として卒業。

2016年東京大学工学部機械情報工学科入学、現在在学中で、RoboTechというロボコンサークルの部長を務めている。2018年、NHK学生ロボコン優勝。「ABUアジア・太平洋ロボットコンテスト2018 ベトナム・ニンビン大会」に日本代表として出場し、「ABUROBOCON AWARD」「2nd RUNNER UP」「Special Award(Toyota Award)」の3賞を受賞。

来年6月の大会を部長として臨む。

 

まず最初に麻布時代の話をお願いします。

河村 物理部無線班に所属していました。高2で留学して一つ下の学年に入ったのでアメリカから帰って仲良くなった友人たちと一緒にいつも昼飯は職員室でした。仲の良い先生がいて、世間話ばかりしていましたね。

 

留学は何をしに行ったのですが?語学研修ですか?ロボコンと関係ありますか?

河村 いえ、文化交流です。留学はロボットとは全く関係なくて、麻布時代の同級生で帰国子女のやつがいて、「俺はアメリカを知っている」とか言ってて、そんなわけないだろう、言い返したかったけど、俺は確かに日本しか知らない、、、と思って、留学しようと思いました。英語はできたほうがいいなとは思っていましたが、英語できないと土俵にも立てない何て思ってはいました。留学中は普通に現地の学校に通ってました。最初英語は全然喋れませんでしたが、最初は授業受けてても宿題が出たのかどうかもわからない感じでした。日本人が全然いないところに行ったのでそこそこ1年で話せるようになりました。

 

ロボコンはいつから?

河村 幼稚園、小学校に入る頃親に科学館に連れて行かれてホンダのアシモを見てめちゃめちゃ感動して。それ以降ずっとロボットに興味があり、小学校からずっと何かしらやっていました。

 

小中高ロボットに関してはどんなことをしてきたのですか?

河村 小学校は科学館のワークショップ、中高は物理部無線班で、電子工作に更け、秋葉原に入り浸っていました。高校生の時にリコーダーを自動で吹くロボットを作りました。僕は音楽ダメで、楽譜とかダメで、麻布ってリコーダーのテストあるじゃないですか。パソコンから楽譜のデータを送るとロボットが吹いてくれる。

 

それでテストは通ったの?

河村 いや、それがテストまでに出来上がらず一年間かかりましたね、笑

 

ロボコンには高校の時は参加してなかったのですか?

河村 はい、もちろんロボコン自体はテレビで知ってたのだけど、大学に入ってからです。ロボコンって、自由に何か作ろうというよりも、勝てるものを作るという何か運動会的なものでどちらかというと好きなものを作りたいって思ってたのですが、東大には意外とモノづくりの部活サークルがあまりなくて、今所属しているサークルくらいしかなくて、まぁいいかと思って入ったのです。そしたら意外と楽しくて、どっぷりはまったんです、笑。

 

東京大学工学部機械情報工学科では何を学んでいるのですか?またロボコンから学ぶものは?

河村 まさにロボット分野を学んています。研究室にいる人よりもロボットの方が多いような環境です。自分のロボコンサークルの専門は機械設計ですが、それだけではダメなので大学ではロボット全般を学びます。でも部長として今学んでいるマネージメントみたいなことは研究室では学べないので、ロボコンからそんなことを学んでいますね。

 

ロボコンの魅力とは?

河村 ロボコンってテレビ放送とかで見ると技術や工夫などのテクニカルな部分をフォーカスされがちなんですが、私はサッカーのようなものだと思っています。いろんな人がいてそれぞれ違う得意分野をうまく集めて、一つのものを作るというチームプレイが面白いです。もちろん技術もやるけれど、技術だけではなくチームプレイと技術の両輪を動かさないとです。

 

自分の将来ってどう考えていますか?

河村 今三年ですが、この後、東大の修士へは行こうと思っています。修士でて、大学に残るのか、どっか会社に行くかはまだ決めてないです。ロボットはやっていきたいです。

 

部長になったのはいつ?そして次のNHK学生ロボコンについてはもう動いているのですか?

河村 部長になったのは今年の6月のNHKロボコン終わった後です。来年大会が部長として臨む感じです。NHK学生ロボコンのお題はもう出ていました、次は四足歩行です。ボストンダイナミックスとかで有名な犬や馬みたいな走るやつですね。いま頑張って作ろうと始めたばかりですが、学生でもちゃんと勉強すれば頑張れば作れると思っていまいろいろやっています。来年の5月には僕らが作った四足歩行ロボットが出ると思いますので注目してください。

 

ゼミとかは決まってるんですか?

河村 今ちょうど始まって振り分けの前段階ですね。僕はヒューマノイドの研究室ですが、同じ機械情報工学科の中にはバイオもやっていて生物の脳を完全に模倣しちゃおうみたいな研究をしているところもある。蛾の脳みそに電極を刺して、蛾をサイボーグ化させてロボットを動かそうってなことをやってたり、あとはAR、VRみたいなことをやってたり。いろんな分野、画像処理、人工知能など選べますね。僕はヒューマノイドの研究室なのでまさにアシモ、みたいな人型、手と足と胴体があってみたいなものをやっていきます。

 

今思っていることをどうぞ。

河村 ロボコンでやっているような四足歩行はとにかく速く走れることを考えています。今世の中に出ているものよりもっと速く走らせようと思っています。興味あるのは囲碁や将棋でAIが勝ちましたってのはあると思いますが、ロボットが人間を超えるもの。工場の中でこうやるとかじゃなくて、外に出てロボットにとって把握できない状況の中で動くってのは難しいのですが、そういう環境でも動いちゃうロボットってのを作りたいと思っていますね。人間よりも巧みに動けるみたいな。宙返りしているロボットとか有名なのありますが、人間の動きを超えていく。人に近づこう近づこうとやっていますが、さらにその先で人間をロボットが超えるようになるのではなぁと。

 

人が行けないところにレスキューで行くロボットなんでものもあると思いますが、そのあたりに興味はありますか?

河村 実用的なことを考えると、人型ではなくキャタピラで行った方がいいと思いますが、僕が研究でやるのはそういうのではなく、自動運転、自動運転と言われている中で、あえて、自動車を運転するロボットを見たいな。僕自身、ロボット業界で何ができていて何ができていないかもわかってないので、まだまだ勉強です。

 

来年のNHK学生ロボコン、そして河村君のこれからに注目です!インタビューありがとうございました!ぜひみんなで河村君の活動を応援しましょう!



で、ここまではインタビューでしたが、今回は単なるインタビューではありませんでした。というのも、麻布流儀代表の前田と、ベッコフ日本法人社長にもお越しいただき、河村さんの3人を共同代表としてあるプロジェクトを立ち上げようという話に繋がるのです。

 

AZABO PROJECTはじまります!

興味ある方は、インタビューの後、色んな話を3時間くらいしたのですが、インタビュー終わりの約20分間の音声を公開します!

音源の冒頭に麻布流儀の前田がAZABO PROJECTについての思いを語っています。

内容としてはこれだけなのですが、ロボティックス、AI関連のAZABU  OBのみなさま、ピピっときた人はぜひ一緒にやりませんか?



下記の音声は聞き取りづらくてすみませんm(_ _)mもともと取材原稿起こし用に録音したものですが、話しているメンバーの許可をもらいましたので公開しておきます。下記のウィンドウはデフォルトで音声が「切り」になってますので、ウィンドウの右の音声を上にあげてからお聞きください。

さぁ麻布OBでロボットAI関連で色々絡んでくれる人募集です!AZABO  PROJECTのグループに参加して、情報をどんどん書き込んだり自己紹介したりしてください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「AZABO PROJECTグループ」Facebookグループ

麻布流儀サイトのSNS機能をオフにさせていただきます!

麻布流儀編集部
麻布流儀編集部
date:2018/11/2

いつも麻布流儀をご覧いただき誠にありがとうございます。

このサイトは麻布OBの交流を目的として、様々なインタビューやニュースを公開しておりますが、実は独自にSNS機能をご用意しておりました。(プロフィール機能、友達機能、グループ機能などがありました)当初は会費制を検討していたため、SNS機能をより開発していくつもりでしたが、麻布流儀サイトは完全に無料化しましたため、この部分は麻布流儀Facebookページ麻布流儀Facebookグループで補うことにさせていただきましたので、

11月中旬に、この独自SNS機能をオフにし、サイト自体の動作の向上を図りたい

と思います。

つきましては、あまり利用されてはいないとは存じますが、麻布流儀のプロフィール機能や、友人機能などを使用されている方は、11月中旬でその機能は外させていただきますので、ご了承お願いいたします。バックアップ等必要な方はご自身でそれぞれ11月中旬までに行ってくださいますよう重ねてお願い申し上げます。

ログイン情報等への変更は特にございません。

引き続き、記事投稿機能はご利用いただけます。SNS的な交流は引き続き、麻布流儀Facebookページ麻布流儀グループをご利用ください。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

10月24日の開業医イベントレポ

麻布流儀編集部
麻布流儀編集部
date:2018/10/31

2018年10月24日、1993年麻布卒の有本雄観さんのお店、ワインワークス南青山にて、「麻布クローズドだから語れるオープン&ディープな開業医のリアル」が開催されました。

麻布OB同士だから話せる開業医の本音を語り合い、互いにアドバイスしたりこれから開業を考えている医師の方を応援したりするのがこの会の狙いです。

今回、医師や看護師、病院経営者などの医療関係者や、開業支援コンサルタント、会計士など医療に関係する職種の麻布OB23名が参加する、熱い会となりました。

第1部は1992年麻布卒でともに2017年に開業した後藤英晃氏(消化器内科 東京都北区王子 ごとう内科院長)と高橋宏和(脳神経内科 千葉県船橋市:高根木戸 中條医院院長)による同期ぶっちゃけ対談を行いました。内容は「開業の経緯」「新規開業と継承開業の比較」といったスタンダードな話から、「医療モール内ってほかのクリニックとの関係はどう?」「クリニック開業の場所ってどうやって決めた?」「開業コンサルタントって実際どんなことをやってくれるの?」「開業コンサルタントのフィーは?」などなどつっこんだ話まで。麻布同期ならではのぶっちゃけトークに、会場からも容赦のないツッコミも飛びました。

第2部は1995年麻布卒でクリニック経営者の木下教之氏(千葉県八千代市 医療法人社団相心調和会 常務理事、薬剤師)による「いろいろな開業医や開業を目指す医師とかかわって経験したこと」をテーマにご講演いただきました。木下氏は製薬メーカーで研究やマーケティング、経営管理に携わったのち、調剤薬剤師や医薬業経営のサポート業務を経て、2015年に千葉県八千代市にWELNESS耳鼻咽喉科を開業し、2017年に医療法人 社団相心調和会を設立、クリニックの経営、運営・管理と医師の診療サポートをされております。

開業を支援してきた木下氏から、「開業までの落とし穴はどこにある?」「医師ならではの注意点」といった具体的な話から「行動することを恐れず、様々なことにチャレンジしていくべき」という医師へのエールまで、参加者が勇気づけられる話ばかりでした。

後半は、参加者全員の自己紹介と和気あいあいの交流で、あっという間の2時間半となりました。

夜10時の閉会後も、美味しいワインを片手に交流と議論が展開され、とても楽しい夜となりました。

今回は直前の開催だったため日程があわず参加できなかった方も多く、「次回は参加したい!」とのご要望も多く、次回は2019年2~3月ころ、麻布OBの病院経営者をお招きして「病院経営のリアル」をテーマに第2回交流会を開催予定です。

詳細決まりましたら告知させていただきます!

 

(文責 高橋宏和)