麻布OBメンバーの方はログインすることで限定記事の閲覧やコミュニティ機能をご利用いただけます
麻布流儀参加者 現在 259

第2回麻布医会開催レポ

麻布流儀編集部
麻布流儀編集部
date:2018/11/26

11月25日麻布学園地下食堂にて第2回麻布医会が開催され、麻布学園出身の医師・歯科医師・医学生など60名が参加しました。(情報・写真は幹事の平成14年卒の井上祥さんよりいただきました)



平秀明校長より開会のご挨拶をいただきました。



1970年卒の平原史樹先生に乾杯のご挨拶をいただきました。平原史樹先生は横浜市大産婦人科主任教授、横浜市大病院院長を歴任し、現在横浜医療センター病院長でもおられます。


そして今回の基調講演は、昭和48年卒の新井一先生に「医学教育について」お話いただきました。新井先生は順天堂大学学長で、日本脳神経外科学会理事長であられます。






若手幹事として、左から竹下諒先生(慶應義塾大学医学部卒)、尾崎壮君(横浜市大5年生)、森藤彬人先生(京都大学医学部卒)が新任されました。






当日参加していた麻布流儀の立ち上げメンバーであり、医療法人 医仁会 さくら病院 病院長の平成5年卒小林豊さんにコメントをもらいました。

小林「うちらの親の年代からいつの間にか20年以上後輩の医学部の学生まで大勢集まって盛況でした。初めてお会いした方と話していくと、色々なところで繋がっており、この世界の狭さ、もしくは麻布の世界の広さを痛感しました。医者の世界でも大学を超えた連携や協働ができる、その可能性に期待と感謝を強く感じました」



まだ2回ということで、麻布出身の医師の交流は始まったばかりですが、麻布流儀でもその活動を今後もレポートして応援していきたいと考えています。以上、第2回麻布医会の簡単なレポートでした。



最後に集合写真を掲載しておきます。